仏の基本ナビ

合掌の意味

葬儀や法要、お墓参りや仏壇の前で、私たちは合掌し礼拝します。
合掌とは、両手をあわせて仏を拝む時の礼法です。
しかし、なぜ合掌をするのか、その意味を考えたことがありますか?

仏の基本ナビ

仏と命あるものが一体となる

合掌するというしぐさ・ふるまいは、仏教が生まれたインドで発祥したものです。サンスクリット語の「アンジャリ(añjali)」の訳で、インドの敬礼作法の一種が仏教に取り入れられました。日本には仏教伝来とともに伝わってきました。南アジア一帯の仏教国では、挨拶の代わりに合掌して相手に礼を尽くします。
インドでは、右手は清浄、左手は不浄を表します。仏教では、右手が仏様の世界(極楽浄土)、左手は衆生(しゅじょう…生命のあるすべてのもの)を表しています。この右手と左手を合わせることで、仏様と衆生(人間)が一体となり、成仏を願う気持ちを表したものです。

信じることや調和を保つことの象徴

仏教において合掌をすることは、相手への敬意や尊敬を表す意味も持っています。インドをはじめアジアの仏教国では、人とすれ違うときや別れるときなどの挨拶で、両手をあわせることがあります。このときの合掌は、相手のことを大切に思っているということを表現しています。僧侶があいさつをするときには、お辞儀ではなく合掌をします。合掌することは、相手を敬い、感謝の意を表しています。
また、食事のときに手を合わせるのは、食事を作った人、食材を育てた人、食事となった植物や動物への感謝の気持ちを表しています。そのほか、日常生活では、お詫びをするときや、お願いごとをするときにも使われます。仏教徒の作法では、手紙の文章の最後を、敬具ではなく、九拝や合掌で締めくくります。

日蓮宗の正しい合掌

合掌をするとき、10本の指はすべてついた状態にしましょう。
合掌の高さは、中指を真上に向けたときに顎(あご)にあたるくらいの高さです。
合掌をする手は、胸板に着いている状態です。

◆数珠を持っての合掌

通常、数珠は二重にして左手にもって合掌します。
勧請(かんじょう…神仏の来臨を願うこと)・回向(えこう…お経をご先祖さまや亡くなられた方のために「回し向け」ご供養すること)などの文を読んでいるとき、お経と回向の間の唱題(お経の題目を唱えること。
特に日蓮宗で「南無妙法蓮華経」と唱えること)では、「綾」(あや)にして両手で持ちます。
綾にするときは、
(1)左右の中指の一番先端の関節に親玉(大きな玉)があたるようにします
(2)房(雪洞 [ぼんぼり])は、2つの方が右、3つの方が左です
(3)左右の手の間で、数珠の輪が一回ねじれて交わるようにします
(4)後は冒頭に書いた通りの合掌をします

その他ご質問やご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。
waveお問い合わせ
電話
011-811-3562

平日7:00〜16:00(年末年始除く)

top

このページの先頭へ戻る

お墓・納骨堂について お墓・納骨堂について
経王寺檀信徒青年会 経王寺檀信徒青年会
仏事のQ&A
ご祈祷・お祓い・供養&A
季節行事のご案内
季節行事のご案内
ご祈祷・お祓い・供養
仏事のQ
仏の基本ナビ
仏の基本ナビ
御首題・物販のご案内
御首題・物販のご案内
学ぶ・体験する
学ぶ・体験する
ご意見・お問い合わせ
ご意見・お問い合わせ