経王寺の歴史

 

経王寺の歴史

経王寺の歴史
 
開山松井寬義上人
  お題目が北海道の地に聞こえたのは、開祖日蓮聖人の直弟子、蓮華阿闍梨日持上人が北海道に上陸された1290年。以来約600年の後、一人の僧、松井寛義上人が開拓が始まって間もない札幌豊平の地に立ち、ここで法華経の教えと、お題目の声を響かせました。

  松井寬義上人は、天保元年(1830)2月紀州(和歌山県)徳川藩士松井嘉禄の三男として生まれました。幼少の頃より学問に親しみ、大阪堺市の興覚寺で出家され、京都鷹ヶ峰、西谷飯高の各壇林(壇林とはお坊さんの大学です)で学び、江戸(現在の東京)に出て深川浄心寺の塔頭である宣明院に住しました。

  明治維新の直後、日持上人の芳躅を慕い、北海道開教を志し北海道に渡りました。始めに函館の実行寺に滞留し、間もなく江差を経て石狩の金竜寺に至った時、当時開拓使の所在地であった札幌に注目、当時開拓の中心地であった妙見山本龍寺に留錫いたしました。当時は本龍寺で一時お世話になり、札幌近郊へ布教活動に出るという習慣があったそうです。折よく開拓御用請負師であった大岡助右衛門、開拓御用料理屋(東京庵)の後藤彦右衛門、素封家中村甚五兵衛ら熱心な法華経信奉者の支援を得て現在の豊平の地にお堂を建立するに至りました。明治8年(1875)、寛義上人46歳。日持上人が北海道を開教して以来、10番目の日蓮宗寺院にあたります。当初45件のお檀家数から始まり、北海道発展の中心地が札幌に移るに従って、その開拓の歴史と共に、その数も次第に増えて参りました。境内には行政機関や治安維持等の機関が設置され、まさに教育・文化の中心として歩み、また開教の中心地として発展して参りました。特に寛義上人が開いていた寺子屋は現在豊平小学校にその歴史を引き継いでいます。
 
歴代の先師先哲
  明治25年(1892)5月7日、寛義上人は63歳で遷化(お上人さんが亡くなることを遷化といいます)されました。寛義上人の亡くなられた5月7日は毎年お寺で「開山会」として法要が営まれます。第2世には新潟県佐渡島の一ノ谷本山、妙照寺貫首の天野日順上人が特に選ばれました。お堂の改修などに尽力されましたが2年余遷化されました。第3世は、当時東京に於て屈指の説教者で、『信玄身延攻め』というお説教で大変有名な沖邑日要上人が入寺されましたが、僅か在職1年有半で惜しくも遷化されました。 次で第4世には当時本宗では稀な教誨師(刑務所等で受刑者に仏法を説くお上人さん)である柴山日光上人が静岡県の沼津妙海寺から入寺され、在職10年の間に境内の整備にあたられ、明治41年に遷化されました。

  同年開山上人の直弟子である松井義光上人が第5世として入寺されました。在住16年の間に、本堂布教監、録司として活躍し、鐘樓堂を新築、墓域を定め、梵鐘を鋳し、説教所を創設し、庫裡・書院を新築し、末寺、説教所22を算し法威大いに振いましたが、大正12年9月1日の関東大地震の火災で焼失した東京深川浄心寺復興の為め転住されました。

  第6世には岩見沢東漸寺より沼上日恵上人が入山、現在の第一納骨堂を建立、昭和19年年病を得て遷化され、第7世安田日昶上人が入寺されましたが、戦中戦後の日本全体が生活の最も苦難な4年間を忍ばれ病の為遷化されました。
 
「北海身延」の称号を允許
  昭和23年開山寛義上人の法孫で、第5世義光上人の法嗣である松井義海上人が、第8世として入寺され、戦後の混乱期を乗り越え、戦時中軍に供出してしまった鐘楼堂の鐘を新たに鋳し、庫裡や第2・第3納骨堂、墓域の改修、昭和52年には弘経行脚の宗祖御銅像を建立など、境内寺域の整備に尽力されました。他にも手稲山麓の平和に「奥の院大平和寺」を築き、緇素の参詣の浄地と定めました。昭和30年には総本山身延山久遠寺法主、深見日円猊下の経王寺御来山を期して「北海身延」の称号を允許せられました。義海上人は、日蓮宗の宗門行政に携わる傍ら、布教・教戒活動・保護司などの社会福祉に尽力され昭和63年5月21日に遷化されました。

  第9世荒木義栄上人を第10世木村義詮上人を加歴し、8世義海上人の法嗣松井義昭上人が法灯を継承し、寺門興隆・維持発展に努め、開山上人百遠忌報恩事業として、昭和63年より平成3年の正当年の間に諸堂改修に意をそそぎ、書院・庫裡・鐘樓堂・歴代廟を新築、将来の宗門を担う人材の育成や法要儀式に対する深い見識を発揮し、宗門内で指導的役割を担われました。特に日蓮宗門内においては立教開宗750年慶讃事務局長して日蓮宗の行政・布教伝道に腐心しましたが、平成17年に急逝。法嗣松井義宣上人が第12世として入寺法灯を継承。歴代先師の威容を保ちつつ、境内地整備や檀信徒教化などに全力を投じ、北海身延の面目を発揮しつつあります。
北海身延 妙法華山 経王寺
〒062-0904
北海道札幌市
豊平区豊平四条3丁目2-1
TEL:011-811-3562
qrcode.png
http://keiouji.or.jp/
モバイルサイトにアクセス!
011304
<<経王寺>> 〒062-0904 北海道札幌市豊平区豊平四条3丁目2-1 TEL:011-811-3562